旅のキロク

@chika_trip の旅ブログです。

【パタヤ観光】タイのサグラダファミリア「サンクチュアリー・オブ・トゥルース」に行ってきた

 

f:id:ck_0c0:20181226192337j:plain

タイの野外フェス「Wonderfruit Festival」に参戦するため、バンコクからバスでおよそ2時間半のリゾート地・パタヤ にやってきました!

 

せっかくなので、この機会にパタヤ観光もちょっとだけ楽しむことに。

訪れたのは、“タイのサグラダファミリア” または “アジアのサグラダファミリア” などと呼ばれているスポット、「The Sanctuary of Truth(サンクチュアリー・オブ・トゥルース)」です!

 

f:id:ck_0c0:20181226192607j:plain

 

《目次》

 

 

  

行き方:パタヤ中心部から ソンテウに乗ってレッツゴー!

 

f:id:ck_0c0:20181226192816j:plain

「The Sanctuary of Truth(サンクチュアリー・オブ・トゥルース)」があるのは、パタヤ中心部から車で20分ほどの海沿い。

今回は、宿泊していた「Grande Centre Point Pattaya」(ターミナル21パタヤ直結のホテル)の前からソンテウをチャーターして行きました。ぼったくられないように、と思ってタイ語で運転手さんに話しかけてみたら、ちゃんと伝わったみたいで嬉しい。

 

2人でチャーターして、料金は1人あたり100バーツ。乗車場所や運転手さんによって異なりますが、パタヤ中心部からサンクチュアリー・オブ・トゥルースまでは片道150〜300バーツくらいが相場のようです。

 

ちなみに帰りは・・・

f:id:ck_0c0:20181226192931j:plain

サンクチュアリー・オブ・トゥルース入り口からパタヤ各地へ行く固定料金のタクシーが用意されています。チケット売り場でお金を払う仕組みで、もう少し安くして〜と値段交渉する余地は無いけれど、ぶっとんだ価格を提示される心配も無いので安心。

行き先と料金が決まっていて、ターミナル21パタヤまでは200バーツ。2人で割れば1人あたり100バーツなので、行きのソンテウと同じですね。

 

 

 

 

入場料:ちょっとお高め。

 

f:id:ck_0c0:20181226193039j:plain

まずは門のすぐそばにあるチケット売り場で入場券を買います。剥がれやすいシールなので、歩いている間に落とさないよう注意。

入場料は、大人500バーツ(およそ1,700円 / 2018年12月現在)と少々お高めです! 元が取れるようにじっくり隅々まで見学しなきゃ・・・笑

 

 

 

服装:セクシーな格好はNG!

 

f:id:ck_0c0:20181226193131j:plain

気を付けておきたいのが、サンクチュアリー・オブ・トゥルースへ行く際の服装。

タイの他の寺院と同じく、露出度の高い服装・セクシーな服装では入場を断られます。この張り紙によると、ピチピチのタイトパンツもNGだそうです。腰に巻く布の貸し出しもありますが、なるべく敬意を払った服装で行きましょう!

 

 

f:id:ck_0c0:20181226193231j:plain

さて、緑いっぱいの階段を下りて、いよいよサンクチュアリー・オブ・トゥルースへ・・・!

 

 

 

 

ポイント1:工事の様子が間近で見られる!

 

f:id:ck_0c0:20181226193312j:plain

階段を下りると、ヘルメットを手渡されました!

“タイのサグラダファミリア” と呼ばれていることからも想像がつくかと思いますが、ここサンクチュアリー・オブ・トゥルースは現在も建設中の建物! 1981年に建設が開始され、未だに完成していないそうです。見学の際は工事現場にお邪魔することになるため、ヘルメットの着用が義務付けられています。

 

ヘルメットを被って少し歩くと・・・

 

f:id:ck_0c0:20181226193404j:plain

ついに来た! サンクチュアリー・オブ・トゥルース!

 

f:id:ck_0c0:20181226193509j:plain

馬!!? 異世界感すごい!

 

 

f:id:ck_0c0:20181226193558j:plain

建物の入り口は奥のほうにあるので、海沿いをぐるっとまわります。側面はまだまだ未完成のようで、作業をおこなっている様子が間近で見られました!

 

f:id:ck_0c0:20181226193632j:plain

f:id:ck_0c0:20181226193652j:plain

社会科見学に来たみたいで面白い。

 

f:id:ck_0c0:20181226193727j:plain

彫る前の下書きらしきものも発見!

こういう段階が見られるのは、工事中の今だけですね!(まだまだ工事は続きそうだけど)

 

 

 

 

ポイント2:細かい装飾の数々!

 

f:id:ck_0c0:20181226193946j:plain

階段を上って建物内部へ入ります。
よく見ると、階段にも細かい装飾が!

 

f:id:ck_0c0:20181226194029j:plain

横にはゴージャスなエレベーターもありました。すご!

 

そして内部は・・・

 

f:id:ck_0c0:20181226194110j:plain

 

f:id:ck_0c0:20181226194146j:plain

想像以上に美しい・・・!

 

高い天井にも細かい装飾がびっしり施されています。

 

f:id:ck_0c0:20181226194329j:plain

 

f:id:ck_0c0:20181226194350j:plain

 

f:id:ck_0c0:20181226194422j:plain

うっとり。

タイだから仏教の施設なのかと思っていましたが、中にはヒンドゥー教の神様もいました!

 

足元の装飾もすごい。上を見たり下を見たり大忙し。笑

 

f:id:ck_0c0:20181226200056j:plain

 

f:id:ck_0c0:20181226200122j:plain

 

f:id:ck_0c0:20181226200141j:plain

一体一体表情が違いました。

 

こりゃあ時間かかるわ・・・。

 

 

 

 

ポイント3:まるで海沿いにそびえ立つお城!

 

f:id:ck_0c0:20181226200453j:plain

サンクチュアリー・オブ・トゥルースは宗教的な施設だけど、なんかもういろいろ豪華すぎて、もはやお城みたい・・・!(タイの大富豪が個人の資産で作ったらしいので、本当にお城に近いのかも。)

海沿いにそびえ立っているのも不思議な感じがして良いですね〜。

 

f:id:ck_0c0:20181226200639j:plain

窓からはすぐそこに海!

 

f:id:ck_0c0:20181226200846j:plain

窓枠もお城みたい・・・!

ディズニープリンセスが顔を出してそうじゃないですか???

 

f:id:ck_0c0:20181226200948j:plain

海とサンクチュアリー・オブ・トゥルースが一緒に撮影できるスポットもありました!

 

 

 

 

 

ゾウ乗り体験やショー、売店も。

 

f:id:ck_0c0:20181226201047j:plain

土産物屋やレストランもあります。

 

f:id:ck_0c0:20181226201156j:plain

f:id:ck_0c0:20181226201243j:plain

イカジュースは安定の美味しさ!(60バーツ)

 

f:id:ck_0c0:20181226201325j:plain

ゾウ乗りやショーもあったりして、「ザ・観光地」という印象。

 

ゾウ乗りは高いし全然乗りたいと思わなかったけど、実際に乗っている人を見たらちょっと羨ましくなりました。海辺でゾウの背中に乗って、お城のようなサンクチュアリー・オブ・トゥルースの周りをぐるっと優雅に散歩する様子は、“異国の王様”感がハンパなかったです。笑

 

 

  

 

 

f:id:ck_0c0:20181226202318j:plain

まとめ

「入場料が高いわりにあまり広くないし、ちょっとガッカリするかも」と事前に聞いていましたが、個人的には行って良かったと思いました!

木材がすぐに傷むのでは?と心配になるくらい海の近くにあって、壮大な建築と海とのコラボも良かったです。

 

パタヤへ行くときはぜひ観光プランに組み込んでみてください〜。

 

>> Google Map「The Sanctuary of Truth」

 

 

 


 

\ インスタグラムもよろしくお願いします/

Instagram:@chika_trip