旅のキロク

@chika_trip

【メルボルン】シティーから30分! ブライトンビーチへ行ってみよう

f:id:ck_0c0:20171216172933j:plain

おはようございます! CHIKAです。

8日間毎朝8時にブログを更新する “勝手にブログチャレンジ” も、残り2日となりました! ちょっとキツいです・・・。笑

朝はバタバタするので仕事後に書いて予約投稿しているのですが、会社員やりながら毎日内容ぎっしりのブログ更新してる人、超人かよって思いますね。

 

さて今回は、メルボルンの「ブライトンビーチ」について記録します。

 

 

 

SNSで話題の「ブライトンビーチ」

 

f:id:ck_0c0:20171216173429j:plain

行ったことがない方も、SNSで一度は目にしたことがあるのではないでしょうか!

カラフルな可愛らしい小屋が並ぶ、「ブライトンビーチ(Brighton Beach)」。

 

このカラフルな小屋は、「Beach Bathing Box」と呼ばれています。

もともとは、海水浴客用の更衣施設として利用されたのが始まりだそう。現在では個人の別荘感覚で、水着に着替えたり荷物を置いておく場所として活用されています。“個人所有の海の家” といったところでしょうか。

 

 

本当はスケジュールに入れていなかったのですが、(パッフィンビリー鉄道に乗りに行こうと思っていたけど時間が無くなってしまったので)急遽、市内から30分で行けるブライトンビーチへ行くことに!

 

 

 

ブライトンビーチへ行ってみよう!

 

f:id:ck_0c0:20171211170327j:plain

ブライトンビーチへの行き方は簡単。

「フリンダース・ストリート(Flinders Street)駅」から サンドリンガム(Sandringham)線 の電車に乗り、「ブライトン・ビーチ(Brighton Beach)駅」もしくは「ミドル・ブライトン(Middle Brighton)駅」で下車。乗車時間はたったの20分程度です。

 

なお、電車に乗るときは「myki(マイキー)」というカードが必要になります。初メルボルン観光ならビジターパックがおすすめ。

▼参考

chanchika.hatenablog.com

 

f:id:ck_0c0:20171216174037j:plain

駅からは、10〜15分ほどビーチ沿いを歩きます。

ブライトンビーチ周辺は、メルボルン近郊でも屈指の高級住宅街。シティーのヨーロッパのような雰囲気とはまた違った、ゆるやかな空気が流れる素敵な場所でした!

 

f:id:ck_0c0:20171216174147j:plain

ブライトンビーチへ到着!

 

 

 

お気に入りの小屋を見つけよう

 

f:id:ck_0c0:20171216174242j:plain

カラフルな小屋が並ぶ場所への入り口は、横断歩道や駐車場があるので分かりやすいです。

小屋の背中側も可愛い・・・。

 

f:id:ck_0c0:20171216174337j:plain

ビーチにずら〜っと並ぶ小屋の数は、なんと100軒近く!
現在は文化財として保護されているそう。

 

f:id:ck_0c0:20171216174419j:plain

一つ一つデザインが異なり、どれも個性的。

お気に入りを探しながら歩きましょう!

 

f:id:ck_0c0:20171216174814j:plain

f:id:ck_0c0:20171216174847j:plain

f:id:ck_0c0:20171216174905j:plain

オーストラリアの国旗柄が一番人気みたい。

奥に写っているご家族は、小屋の所有者です! 小屋の中は可愛く飾り付けしてありました^^

 

f:id:ck_0c0:20171216175009j:plain

海は透明感があって綺麗。

たまーにAirbnbで貸し出している小屋もあるらしいので、複数人で遊びに行く時は借りてみるのもいいかもですね。

 

ちなみに、電気も水道も通っていない小さな小屋ですが、販売価格の目安は2千万円ほどと、とんでもないお値段です・・・(笑)くれぐれも小屋を傷つけたり所有者に迷惑がかかることのないよう、気を付けて撮影しましょう!

 

 

 

Brighton Beach

 

 

 

\ SNSもやってます! / 

Twitter:@ck_0c0

Instagram:@chika_trip