旅のキロク

@chika_trip

東南アジアへ行くなら要注意! セブ島でマンゴーアレルギーを発症した話

こんにちは! C H I K A( @ck_0c0)です。

今回は、セブ島旅行中に意外な食べ物でアレルギーを発症した話を書きたいと思います。東南アジア好きな方は特に注意が必要かも・・・?

 

 

 

自分の体に異変を感じた、セブ旅行2日目

 

f:id:ck_0c0:20170921121516j:plain

 

天気にも恵まれ、朝からアイランドホッピングを楽しんでいたセブ旅行2日目。 自分の体が何かおかしい・・・。

 

  • 舌がずっと痺れている
  • 唇が荒れている
  • 顔(特に口のまわり)が痒い

といった異変を感じ始めました。

このときは “旅でストレスを感じているのかな?” と思っていたのですが、どうやら違ったようです。

 

 

 

帰国後、症状が悪化。。

 

f:id:ck_0c0:20170921121648j:plain

 

2泊3日の短いセブ旅行があっという間に終わり、日本へ帰国。

 

例の舌の痺れや唇の荒れは治まったのですが、顔の痒みは帰国後も続きました。それどころか痒い範囲が口のまわりから頬全体へ広がり、どんどん悪化!

 

ところどころ赤くなり、水疱ができ、ニキビでも虫刺されでもない症状が1週間ほど続きました。化粧もできず、マスクをして会社へ出勤する日々・・・。

 

これは完全に、何かのアレルギーだ・・・! 

 

 

 

原因はこのフルーツだった!

 

f:id:ck_0c0:20170921121727j:plain

 

顔の痒みの原因は、マンゴーアレルギー!

 

私は調べるまで知らなかったのですが、マンゴーはウルシ科の果物なんだそう。ウルシといえば、直接触れると肌がかぶれることで知られていますよね。それと似たような成分がマンゴーにも含まれているそうです。

 

 

そんなことはつゆ知らず、セブ島ではどこへ行ってもマンゴーを食べていました。

マンゴーが安くて美味しいセブ島。マンゴー好きの私にとっては天国のような場所だったのです・・・。

 

f:id:ck_0c0:20170921121823j:plain

▲ セブには「マンゴー寿司」なるものも存在している。

 

アイランドホッピングで行った離島のランチでもマンゴー食べ放題、ホテルの朝食でもマンゴー食べ放題、帰国直前にも空港のカフェでマンゴーをまるごと食べました。

 

f:id:ck_0c0:20170922174804j:plain

 

アレルギーを引き起こす原因となる成分は皮の部分に多く含まれているとか。今になって考えると、上の写真のような皮付きのまるごとマンゴーは特に危険だったのかもしれません。

 

 

 

マンゴーの食べ過ぎには気を付けよう!

 

過去にマンゴーでアレルギー症状が出たことは無く、マンゴーがアレルギーを引き起こしやすい果物だということも知らなかったので、まさか舌の痺れや顔の痒みの原因がマンゴーだったとは思いもせず食べ過ぎてしまいました・・・。無知は危険。

 

私の症状はまだ軽い方だったようで、ひどい場合はアナフィラキシーショックに陥ることもあるそうです。

 

 

フィリピンやタイなど、マンゴーが安くて美味しい地域へ旅するときは、マンゴーの食べ過ぎにお気を付けて!

 

 

 

 

《関連記事》

chanchika.hatenablog.com

chanchika.hatenablog.com 

 

 

\ SNSもやってます! / 

Twitter:@ck_0c0

Instagram:@chika_trip