読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIKATABI

旅好きWebマーケターの #世界の市場を巡る旅

【箱根】絵本の世界!フォトジェニックな「星の王子さまミュージアム」は、戦争について学べる場でもあった

f:id:ck_0c0:20170308221153j:plain

ちょっと変わった美術館の多い箱根。

今回は、箱根の星の王子さまミュージアムをご紹介します!

 

 

星の王子さまミュージアム」の楽しみ方をざっくり説明

 

 

順番にご紹介していきます!

 

 

ときめきが止まらない!絵本の世界へ

 

f:id:ck_0c0:20170308221253j:plain

箱根湯本駅の窓口で前売りチケットを買って(通常より400円引きでGET!)、バスで「星の王子さまミュージアム」へ。

外観から可愛くて可愛くて、、

 

f:id:ck_0c0:20170308221010j:plain

絵本の世界に入り込んだような気分です。。

 

星の王子さま』はNYで出版されましたが、著者はフランス人のサン=テグジュペリミュージアムの外観は、フランスの街並みをイメージした作りになっています。

 

f:id:ck_0c0:20170308223935j:plain

みんなここで写真を撮っていたので、私も真似して。

 

f:id:ck_0c0:20170308224013j:plain

星の王子さまのイラストは何度も見たことがあるけれど、そういえば話の内容あまり覚えてないかも。

 

f:id:ck_0c0:20170308232401j:plain

 

f:id:ck_0c0:20170308224035j:plain

どこを撮っても絵になります。

 

f:id:ck_0c0:20170308223903j:plain

外観だけでもめちゃくちゃ可愛いけど、敢えて人も一緒に撮ったほうが街っぽくて良い雰囲気の写真になる気がする!

 

f:id:ck_0c0:20170308224546j:plain

細かいところまで作り込まれていました。

 

f:id:ck_0c0:20170308224815j:plain

シャッターが止まらん。

 

f:id:ck_0c0:20170308224903j:plain

庭も綺麗!

 

f:id:ck_0c0:20170308230241j:plain

小さな教会もありました。

 

f:id:ck_0c0:20170308230454j:plain

壁紙に星の模様が施されています。教会内はキャンドルの良い香り。

 

f:id:ck_0c0:20170308224101j:plain

メルヘンな外観を思う存分写真に収めてから、いよいよ展示ホールへ入ります。入り口はこの辺り。風景に溶け込んでいて最初は気付きませんでした。

 

 

展示ホール1階で、『星の王子さま』の話の意味を理解する

 

f:id:ck_0c0:20170308232635j:plain

展示ホールへ入ると、赤い飛行機がお出迎え。

星の王子さま』にはパイロットが登場しますが、著者のサン=テグジュペリ自身もパイロットでした。サハラ砂漠に堕ちてしまったこともあったそうで、『星の王子さま』の砂漠のシーンはそのときのことを思い出しながら書いたのだろうと言われています。

 

また、サン=テグジュペリ第二次世界大戦中に地中海上空で消息を絶っています。その後、『星の王子さま』ファンであるドイツ人パイロットが、自分があのとき撃ったのはサン=テグジュペリの飛行機だったのだと知り、それ以降飛行機に乗らなくなったというのは有名なお話。

 

f:id:ck_0c0:20170308233039j:plain

ネタバレになってしまうので詳しくは書きませんが、展示ホール1階の壁一面には『星の王子さま』のお話や裏話が分かりやすく書かれており、一度も読んだことがない方でも楽しめます。ストーリーをはっきりと覚えている方も、そうだったのか!と驚くことがあるかもしれません。

 

f:id:ck_0c0:20170308233421j:plain

ミニシアターがあり、『星の王子さま』の誕生秘話を映像で観ることができます。これは必見!

 

f:id:ck_0c0:20170308233533j:plain

映像も観て、徐々に『星の王子さま』と “戦争” が密接に関わっていることが分かってきました。

 

 

2階は撮影禁止。ここが一番の見どころ!

 

個人的に「星の王子さまミュージアム」で一番面白かったのは、展示ホールの2階。

残念ながらここは撮影禁止ゾーンのため写真でお伝えすることができませんが、絶対に足を運んでいただきたいです!

戦争時代を生きていたサン=テグジュペリの生涯を知ることができるほか、彼の幼少期の部屋や仕事場が再現されていたりとかなり作り込まれており、メルヘンな外観には興味がない大人の男性でも楽しめるような展示を観ることができます。

 

f:id:ck_0c0:20170308234458j:plain

こんなに学べるミュージアムだったとは...!

 

 

 

f:id:ck_0c0:20170308235118j:plain

 その他お土産ショップやレストランもあり、予想していたよりもじっくり楽しめました。金欠でなければ星の王子さまグッズ爆買いしてたな...

 

 

正直、ここまで深いミュージアムだとは思っていませんでした。ただ可愛い写真が撮れるだけでなく『星の王子さま』という作品に書かれていたことの意味、著者の生涯、戦争の悲劇についても学ぶことのできる「星の王子さまミュージアム」。
箱根温泉へ行かれる際はぜひ足を運んでみてくださいね!

 

 

 アクセスなど

 

星の王子さまミュージアム

住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原909

箱根登山鉄道箱根湯本駅」より箱根登山バス「桃源台行き」約30分
箱根登山鉄道強羅駅」より施設めぐりバス「湿生花園前行き」又は「御殿場プレミアムアウトレット行き」約18分

公式サイト