旅のキロク

@chika_trip の旅ブログです。

【タイ】ドローン空撮サービスが話題!「レッドロータス水上マーケット」へ自力で行ってみた

 

f:id:ck_0c0:20190203181029j:plain

 

タイのバンコクから車でおよそ1時間半。ナコンパトム県にある、2017年にオープンしたばかりのスポット「レッドロータス水上マーケット(Red Lotus Floating Market)」へ行ってきました!

ピンク色の蓮が咲き乱れる池でボートに乗ることができ、さらにはドローン撮影サービスあり! タイ在住の日本人の方々がSNSにアップしているのを見て、ずっと気になっていた場所です。

 

今回は友達と一緒に、バンコクから日帰りで観光してきました。
レッドロータス水上マーケットへの行き方や、ドローンで撮影してもらえるサービスについて記録しておきます!

 

 

《目次》

 

 

 

 

「レッドロータス水上マーケット」への行き方

 

f:id:ck_0c0:20190203181201j:plain

今のところはまだ、バンコクからレッドロータス水上マーケットへ行くバスやロットゥーは無いみたい。(※2018年12月時点) そのため、ツアーに参加するか、タクシーをチャーターして行くかのどちらかになります。

今回はバンコクの中心部から、2人でタクシーをチャーターして行くことに!

 

〜〜〜

 

タクシーチャーターの交渉!

1.まずはタクシーをつかまえる。
2.行き先を伝える(この時点で断られることもバンコクでは多々ある)。
3.現地で観光している間も待っていてほしいこと・帰りもバンコクまで送ってほしいことを伝える。
4.運転手さんからチャーター料金を提示され、納得できれば交渉成立!

 

〜〜〜

 

 

以前、タイ人の友達に

「タイに慣れてない観光客だって思われるとぼったくられやすいから、タクシーに乗るときは英語じゃなくてタイ語で行き先を伝えたほうがいいよ!」

と言われていたことを思い出して、タイ語で運転手さんに伝えてみました。(タイ語の勉強を始めて半年くらい経つけど、現地の方とタイ語で話すのはこれが初めて!)

 

私のつたないタイ語でもなんとか伝わったけれど、運転手さんは「ナコンパトム?ナコンパトムにそんな場所があるの?」という反応。どうやらこの運転手さんは、レッドロータス水上マーケットを知らないらしい・・・!

 

ちょっと不安だけど、GoogleMap見ながら行こう!ということで、このタクシーに乗ることに。

 

f:id:ck_0c0:20190203182032j:plain

▲ 友達がGoogleMapで経路を表示して案内頑張ってくれた。

 

f:id:ck_0c0:20190203182120j:plain

▲ 不安そうに何度も確認する運転手さん。

 

交差点の真ん中でエンストするハプニングもあってめちゃくちゃ不安になりましたが、なんとかたどり着けました。「Red Lotus Floating Market」の看板が見えたときは、運転手さんもガッツポーズ(笑)

無事に着いて良かった〜!!!

 

f:id:ck_0c0:20190203182208j:plain

▲ レッドロータス水上マーケット入り口にあるオブジェ。

 

 

ちなみにタクシーチャーターの料金は、往復で1台2,000バーツでした。(1人1,000バーツ)

新しいスポットなので、今回のようにレッドロータス水上マーケットの場所を知らないタクシー運転手さんもいます。不安な方はツアーに参加するのがおすすめ!

 

 

 

 

まずはボートチケットを購入!

 

f:id:ck_0c0:20190203182315j:plain

レッドロータス水上マーケットに着いたら、まずはボートチケット売り場へ。

(他の水上マーケットはボートに乗らなくても楽しめるところもあるけれど、レッドロータス水上マーケットは「ボートに乗って撮影」がメインイベントになるので、ここまで来たならボートに乗らないのはもったいない! 絶対乗りましょう!笑)

 

f:id:ck_0c0:20190203182709j:plain

料金表には日本語表記もありました!

ボートの料金は1人100バーツ。
帽子(5バーツ)・カラフルな日傘(10バーツ)・タイのドレス(350バーツ)などをレンタルすることもできます。

 

ボートチケットを購入したらすぐに呼ばれて、さっそくボートに乗り込むことに。(この日は待ち時間無しでしたが、混雑している日はボートチケットを買ってから20〜30分待つこともあるそうです。)

 

f:id:ck_0c0:20190203183044j:plain

で、このボートがすごく薄っぺらくて揺れるので結構怖い!

スタッフのお兄さんたちが、日本人のモノマネとか言って「コワイ〜、コワイ〜」と連呼しながらヘラヘラしてました(笑)

 

f:id:ck_0c0:20190203183554j:plain


落ちないかヒヤヒヤしながら、いざ蓮の池見学へ〜

 

 

 

 

ピンクの蓮が綺麗! のどかな風景に癒される

 

f:id:ck_0c0:20190203184038j:plain

この日はどんより曇っていたので蓮が綺麗に見えるのか心配でしたが、美しい光景に癒されました。

ボート漕ぎのお兄さんも、「ウドンタニみたいだろ!」と得意げ。有名なウドンタニの蓮はシーズンが限られているのに対し、ここの蓮はシーズン関係なく楽しめるみたいです。

 

f:id:ck_0c0:20190203184143j:plain

f:id:ck_0c0:20190203184207j:plain

大都会バンコクからたったの1時間半で、こんなにのどかな風景が楽しめるとは!

 

f:id:ck_0c0:20190203184300j:plain

綺麗に咲いている蓮を見つけると、ボート漕ぎのお兄さんが「これ綺麗だから写真撮りな!」と教えてくれます^^

 

 

 

 

ドローンでの撮影タイム

 

f:id:ck_0c0:20190203184430j:plain

しばらくすると、すぐ近くにドローンがやって来ました。

レッドロータス水上マーケットでは、ドローンを使って写真をたくさん撮ってもらえるんです!

 

f:id:ck_0c0:20190203184624j:plain

真上から、真横から、アップで・・・いろいろなアングルから撮ってもらえました。ボート漕ぎのお兄さんからあれこれポージング指導されて面白い(笑)

ドローン写真は後でまとめて購入できます!

 

f:id:ck_0c0:20190203184838j:plain

向こうのグループ、めちゃくちゃ写真慣れしてる。
こんなふうにみんなで傘をレンタルすると、カラフルな写真が撮れそうですね!

 

 

 

 

陽気なスタッフさんたち

 

f:id:ck_0c0:20190203184947j:plain

ここのスタッフさんたち、陽気で面白い人ばかりでした^^

すぐカメラに向かってポーズ決めてくるし、知っている日本語でやたら話しかけてきます(笑)

 

f:id:ck_0c0:20190203185133j:plain

f:id:ck_0c0:20190203185151j:plain

 

 

f:id:ck_0c0:20190203185327j:plain

これバナナの木だよ!って教えてくれました。

 

f:id:ck_0c0:20190203185414j:plain

ボート漕ぎのお兄さんが「マムアン!マムアン!」と言っていたので、これはたぶんマンゴーの木。よーく見ると小さな実がなっていました。(初めて見た!)

 

 

 

 

ドローン写真はLINEで送ってもらえる!

 

f:id:ck_0c0:20190203185534j:plain

さて、楽しかった蓮の池クルーズも終了! ボートを降りて、ここで写真を購入します。

 

ドローン写真の料金は1枚40バーツ、全部まとめて購入の場合は300バーツ。枚数がとても多いので、まとめての購入がおすすめです。写真はその場で、LINEを使って送ってもらえます。(イマドキ!)

 

f:id:ck_0c0:20190203185916j:plain

ちなみにこのお兄さんたちがドローン部隊。

ドローンを持っていなくても空撮写真で思い出を残せるなんて、すごく嬉しいサービスですよね〜。

 

 

 

 

屋台やカフェもあるよ

 

f:id:ck_0c0:20190203190223j:plain

数はあまり多くありませんが、池の周りには屋台やカフェがありました。

 

f:id:ck_0c0:20190203190306j:plain

こちらは、タイの伝統的なお菓子を売っているお店!

 

f:id:ck_0c0:20190203190348j:plain

Red Lotus Cafe。

寄ってみたかったけど運転手さんに伝えていた時間が迫っていたので断念。

 

f:id:ck_0c0:20190203190503j:plain

フォトスポットも用意されていました。

 

 

 

 

行くときの注意事項

 

1. 荷物はコンパクトにまとめておこう!

レッドロータス水上マーケットへ行くときは、荷物をコンパクトにまとめておいたほうが無難です。ボートが小型なので、大きな荷物は邪魔になりそう。それにせっかくドローンで写真を撮ってもらえるので、持ち物がごちゃごちゃしているのが写り込むともったいない気がします。

 

2. ネットが使えるようにしておこう!

今回はGoogleMapで経路を表示したり、LINEで写真を受け取ったりなど、ネットが繋がらないと不便なシーンがありました。(私はWiFiが繋がるとこだけでネット使えればいいや〜と思っていたので何も準備しておらず、友達に頼りっぱなしでした(。-_-。)笑)

 

 

また、「タイの昔ながらの水上マーケットを体験したい!」という方には、ここではなく「ダムヌンサドゥアック水上マーケット」などをおすすめします! レッドロータス水上マーケットは “水上マーケット” というより一種のテーマパークみたいな感じなので。

 

 

 

 

まとめ。

珍しいドローン空撮サービスがある「レッドロータス水上マーケット」、めちゃくちゃ楽しいスポットでした! 写真は変な顔ばかりだったけど良い思い出! また行きたいな〜。

 

 

 

《関連記事》

chanchika.hatenablog.com

chanchika.hatenablog.com

 

 

 

\ インスタグラムもよろしくお願いします/

Instagram:@chika_trip