読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIKATABI

旅好きWebマーケター。#世界の市場を巡る旅

【タイ一人旅】ダムヌンサドゥアック水上マーケットへの行き方は?ツアーに参加せず自力で行ってみた

旅行・お出かけ タイ 世界の市場を巡る旅

2ヶ月前のタイ一人旅で、バンコク郊外の水上マーケット「ダムヌンサドゥアック水上マーケット(Damnoen Saduak Floating Market)」へ行ってきました!

ツアーに参加せず自力で行ってみたところ結構大変だったので、これから行く方の参考になればと思い書いてみます。

 

《目次》

 

 

水上マーケットとは

 

f:id:ck_0c0:20170103120120j:plain

 

運河の上や周辺に住む人々の生活の一部として、タイでは古くから水上マーケットが存在していました。商人も客もみんな小舟に乗って、何でも水の上で売り買い。小舟でゆっくり進みながら、すれ違う瞬間に「安いよ!」「それいくら?」「もう少し安くして!」などと声をかけ合います。 

 

f:id:ck_0c0:20170103121007j:plain

 

そんなタイの水上マーケットの中で最も有名なのが、バンコクから車で1時間半のラーチャブリーにある「ダムヌンサドゥアック水上マーケット」。世界中から多くの観光客が訪れるため、この市場では英語が堪能な方が多いようです。

 

バンコクからは車で行くしかないので、日本人向けツアーで行く方法が一般的。ですが、今回は一人旅ということもあって、道中も楽しみたい私はツアーに参加せず自力で水上マーケットまで行ってみました。

 

 

消えたミニバス乗り場事件...!

 

BTS ヴィクトリーモニュメント駅(Victory Monument)すぐ近くから、ダムヌンサドゥアック水上マーケット行きのミニバス(ロットゥー)が出ているとの情報をネットで得て、朝早くから行ってみました。

※水上マーケットは昼過ぎまでやっていますが、ピークは8:00〜10:00ごろとのことで、片道1時間半かかることを考えると早朝にバンコクを出なければなりません。

 

ヴィクトリーモニュメント駅を出てミニバス乗り場のある場所へ行ってみると、何も見当たらず。。駅のまわりをぐるっとまわっても乗り場が見当たらず。。
暑くて汗だくになって、

f:id:ck_0c0:20170221224843j:plain

とりあえずジュースを飲む。台湾発祥のお店??

 

ミニバス乗り場があったはずの場所へまた戻ってきて、1枚の張り紙に気づきました。ショックすぎてブログ用に写真を撮ってくることすら忘れたのですが、“ここのミニバス乗り場は2016年10月に撤去されました”というような内容。

そんな...!

 

他にどこからミニバスに乗ることができるのか調べておらず(←調べておけよ)、随分歩き回って時間が経ってしまったので早く出発しなきゃと焦り、とりあえずタクシーを止めていくらぐらいかかるのか聞いてみることに。

 

 

タクシーでダムヌンサドゥアックへ

 

タクシーを止めて、“ダムヌンサドゥアック水上マーケットまでいくらで行ける?”と聞いてみました。(私はタイ語が全く話せないので英語で。)「ダムヌンサドゥアック」が現地の発音と異なるのか、なかなか通じず...。英語の表記や写真を見せて、ようやく通じました!

運転手さんがペンで手に値段を書いて提示。ミニバスならもっと安かったのになと思いながらも、日本のタクシーと比べれば安いものです。時間がないのでこのタクシーに乗ることに!

 

f:id:ck_0c0:20170221230919j:plain

タイの交通事情に驚きながら、タクシーで水上マーケットへ向かいます。

運転手さんはDaoさん。タイ語で「星」っていう意味だよーと教えてくれました。東京とバンコクとの交通事情の違いとか、バンコクに来て何を食べたかとか、Daoさんと1時間半ずーっと喋り倒す!お互い英語がそこまで話せるわけではなく、Daoさんはときどきしれっとタイ語で話してきたけど、言葉が分からなくてもなんとなく雰囲気で伝わってくるので不思議。

私の年齢が自分の半分ぐらいだと知ったDaoさんは、私のことをずっと “baby chika!baby chika!”と呼んでて可愛かったな〜w

 

お喋りしているうちに、ダムヌンサドゥアック水上マーケットのボート乗り場へ到着!

 

 

ぼったくりボートに注意!

 

f:id:ck_0c0:20170222234645j:plain

タクシーやミニバスを始め車が何台か止まっているボート乗り場。(おそらく、ツアーに参加すれば別の場所に連れて行ってもらえるのかなと思います。)

ここからマーケットまでモーターボートで行き、そのままマーケット内をまわって戻ってくるとのこと。

上に大きくボートの値段が書いてあるのですが、タイ人と外国人観光客の値段が全く違います。なんと、外国人は1時間で2000バーツ(約6400円)!相場をよく知らない私でもこれは高すぎると分かります...。

 

他にマーケットへ行く方法は無いものかと探しに行こうとすると、チケット売りのお姉さんがしつこく付いてくる...。他にマーケットに行く方法は無いよ、と言って逃がしてくれません。

 

仕方ないので “半額にしてくれ” とお願いしてみたところ、あっさりOK

6400円から3200円に値引きって結構大胆かと思ったのですが、そんなことなかった...。相場をちゃんと調べてから行けばもっとがっつり値引きできていたのに、と反省しました。

 

気を取り直して、モーターボートに乗り込みます!

f:id:ck_0c0:20170223000257j:plain

 

 

マーケットまでの景色も面白い

 

f:id:ck_0c0:20170223000414j:plain

 

モーターボートはアトラクション並みにスピードが出ます...!この汚い川の水がかからないかびくびくしながら、前の手漕ぎボートを追い越して、移りゆく景色を楽しみます。

水上で暮らしている人々の家が並んでいる景色はとても興味深く、ここへ来るまで大変だったことはもう忘れてしまうくらい楽しい!

 

f:id:ck_0c0:20170223000806j:plain

モーターボートが急に速度を落としたら、もう水上マーケットへ到着です。

 

 

ダムヌンサドゥアック水上マーケットの風景

 

f:id:ck_0c0:20170223001133j:plain

水上マーケットへ着いたのは12:30頃で、もうピーク時間は過ぎていたと思うのですが、それでもボートがぶつかり合って渋滞が起きていました。

 

f:id:ck_0c0:20170223001259j:plain

f:id:ck_0c0:20170223001339j:plain

焼くのもボートの上で。

 

f:id:ck_0c0:20170223001446j:plain

マンゴーをその場で切ってもらって食べることもできます。

 

f:id:ck_0c0:20170223002256j:plain

f:id:ck_0c0:20170223002348j:plain

f:id:ck_0c0:20170223002431j:plain

f:id:ck_0c0:20170223002455j:plain

帽子よく落ちないな〜と感心!

 

f:id:ck_0c0:20170223002620j:plain

f:id:ck_0c0:20170223002639j:plain

f:id:ck_0c0:20170223002716j:plain

“タイラーメソおいしい”って書いてある。

 

 

 

f:id:ck_0c0:20170223001520j:plain

ボート漕ぎのおっちゃん。英語が達者でした。

“気になるものがあったらボート寄せるから言ってね”と言われたので、ココナッツアイスクリームをリクエスト。

 

おっちゃんはこのボートを寄せるどころか、近くにいたココナッツアイス売りのボートを大声で呼びつけていました。このマーケットで力のあるおっちゃんなのかもしれないw

そしてこれが手に入れたココナッツアイスクリーム!

f:id:ck_0c0:20170223001905j:plain

これめっちゃ美味しかった...!
緑色の何か(もち米?)とココナッツアイスがよく合います。異国の川の上で食べているというこの状況も、美味しさを引き立ててくれているのかもしれません。

 

 

f:id:ck_0c0:20170223002855j:plain

水上マーケットを満喫したところで、最初のボート乗り場へ戻ります。帰りも猛スピードで気持ち良い!!!もう川の水がかかってもいいやと思えるくらいにはなってました。

 

f:id:ck_0c0:20170223003015j:plain

ダムヌンサドゥアック水上マーケットの周辺はヤシの木だらけ。おぉー!と一人ではしゃいでいると、ボート漕ぎのおっちゃんが “ココナッツファームがあるんだよ”と教えてくれました。

ぼったくりボートチケット売りのお姉さんは嫌な感じだったけど、ボート漕ぎのおっちゃんは優しい人で良かったな〜としみじみ。

 

f:id:ck_0c0:20170223003303j:plain

リアルジャングルクルーズ的なところもあり、帰りも大興奮でした。

 

 

バンコク市内へミニバスで戻る

 

最初のぼったくりボート乗り場のそばに小さなコーヒーショップがあり、ここでバンコク市内へ戻るミニバスのチケットを購入できます。

(このコーヒーショップの店員さん、タイ人と西洋人のハーフっぽい顔でめちゃくちゃイケメンでした。)

f:id:ck_0c0:20170223003542j:plain

このあとはウィークエンドマーケットへ行きたかったのでチャトゥチャック行きのミニバスをイケメンにお願いし、ミニバスが来る時間までこのコーヒーショップで待機。ちなみにミニバスは180バーツ(約580円)でした。

水上マーケットまた来たいな、と考えながらほっと一息。

 

 

今回の旅で分かったこと

 

今回水上マーケットまで自力で行ってみて、最終的には良い思い出ができたのですが

バンコクから車で1時間半〜2時間弱かかること
・ミニバス乗り場は変更される可能性があること
・タクシーは高いしミニバスはチケットを買ってから待ち時間が発生すること
・ボートはぼったくり価格を提示されるので値段交渉する面倒臭さがあること

などを考えると、ダムヌンサドゥアック水上マーケットへはツアーで行く方が絶対にお得です!

 

ダムヌンサドゥアックへのおすすめツアー 

 

ホテルまで迎えに来てもらえて、他の観光地とセットで効率良くまわることができるツアーがあります。

▶︎【 タイのオプショナルツアー予約VELTRA】

 

↑ 鉄道の上で売り買いする話題の「メークロン市場」もセットで午前中にまわって1200バーツという驚愕のコスパ良すぎるツアーを発見。モニターとして申し込めば無料らしいです...!次に行くときはこれに決定。

 

 

日本には無い文化を味わえて、想像以上に面白かった水上マーケット。一人でも充分楽しめました!バンコクからアクセスが悪いですが早起きしてでも行く価値があります。
次は他の水上マーケットもまわってみよう♪( ´θ`)ノ

 

 

《Damnoen Saduak Floating Market》